初心者のための外貨投資入門

外貨投資と言ってもさまざまな外貨建て金融商品があります。外貨預金に外貨建てMMF、外貨建て債権、外国株式投資、そして今流行のFX投資(外国為替証拠金取引)などがあります。どの外貨建て金融商品が外貨投資先としては有利なのか、株取引しかやったことのない外貨投資初心者には難しいところもあります。どの金融商品が手数料などの面からお得なのかを提案します。
初心者のための外貨投資入門>取引コストが安いFX
スポンサードリンク


取引コストが安いFX


外貨投資と言っても、外貨預金や外貨MMF、外貨建て債権といろいろな金融商品がありますが、やはりコストの安さで一番魅力的なのがFX投資(外国為替証拠金取引)です。

今から外貨投資として日本の円をアメリカドルに交換して、外貨預金、外貨MMF、外貨建て債権、FX投資(外国為替証拠金取引)をしてみようと思います。日本円からアメリカドルに交換するときは為替手数料がかかります。また外貨を日本円に戻すときにも為替手数料は必要です。それぞれどれくらい為替手数料がかかるのでしょうか。

外貨預金の場合
まず、日本円をアメリカドルに交換するとき、1ドルあたり約1円必要です。またアメリカドルを円に戻すときにも約1円が必要です。あわせて約2円の為替手数料がかかります。

外貨MMFの場合
まず、日本円をアメリカドルに交換するとき、1ドルあたり約50銭必要です。またアメリカドルを円に戻すときにも約50銭が必要です。あわせて約1円の為替手数料がかかります。

外貨建て債権の場合
まず、日本円をアメリカドルに交換するとき、1ドルあたり1円から50銭必要です。またアメリカドルを円に戻すときにも1円から50銭が必要です。あわせて1円から2円の為替手数料がかかります。

FX投資の場合
まず、日本円をアメリカドルに交換するとき、1ドルあたり3銭から10銭必要です。またアメリカドルを園に戻すときにも3銭から10銭が必要です。あわせて6銭から20銭の為替手数料がかかります。

1ドルあたりの為替手数料で考えるとあまりこの差は内容に思いますが、もしも1万ドルという大きな額の場合は、外貨預金だと往復の為替手数料は約2万円です。一方のFX投資は600円から2000円になります。この差は大きいと思います。

外貨FXなら為替手数料がとても安いので無駄なコストをかけずに外貨投資をすることが出来るので、大変お勧めです。また、株式投資でデイトレードをしている人、デイトレードに興味がある人は、FX投資なら為替手数料が安いので、外貨投資でデイトレードをすることができます(FX投資の会社の中にはデイトレードの場合は為替手数料が無料になる場合があります。)


スポンサードリンク