初心者のための外貨投資入門

外貨投資と言ってもさまざまな外貨建て金融商品があります。外貨預金に外貨建てMMF、外貨建て債権、外国株式投資、そして今流行のFX投資(外国為替証拠金取引)などがあります。どの外貨建て金融商品が外貨投資先としては有利なのか、株取引しかやったことのない外貨投資初心者には難しいところもあります。どの金融商品が手数料などの面からお得なのかを提案します。
初心者のための外貨投資入門>外国籍投資信託
スポンサードリンク


外国籍投資信託


外国株投資信託の中で、少し特殊な投資信託があります。それが、外国籍投資信託です。国内型の外国株に投資する投資信託とは違い、基準価額が外貨建てとなっているため、日本国内で外国籍投資信託を購入する場合は、まず手持ちの円を外貨に買えて、外国籍投資信託を購入します。

また投資信託を解約するときは、外貨を円に戻して投資したお金を返金してもらいます。外国籍投資信託の魅力は、契約型であればキャピタルゲインに対する税金はかからないということです。また海外のさまざまな投資信託に投資することができるということです。

外国籍投資信託はどこで買えるのかというと、証券会社や銀行などです。取り扱っているファンドは販売会社により違います。銀行と証券会社のどちらで外国籍投資信託を購入するのがお得なのかというと、証券会社のほうが一般的にお得です。

理由は為替手数料の面で銀行より証券会社のほうが安いからです。

ただ、さまざまな手数料が取られる外国籍投資信託より、今は手軽に安い手数料ではじめることができるFX投資(外国為替証拠金取引)がおすすめです。為替アナリストによるさまざまな為替レポートもあるので、わざわざ投資信託のような会社に頼まず、自分で運用することができます。株式だと会社に不祥事があればつぶれてしまい価値がゼロになる可能性があります。一方の、FX投資(外国為替証拠金取引)なら外国の通貨を買う外貨投資なので、国がつぶれない限り価値がゼロになるということはありません。外貨投資としてはリスクが少ないといえます。


スポンサードリンク