初心者のための外貨投資入門

外貨投資と言ってもさまざまな外貨建て金融商品があります。外貨預金に外貨建てMMF、外貨建て債権、外国株式投資、そして今流行のFX投資(外国為替証拠金取引)などがあります。どの外貨建て金融商品が外貨投資先としては有利なのか、株取引しかやったことのない外貨投資初心者には難しいところもあります。どの金融商品が手数料などの面からお得なのかを提案します。
初心者のための外貨投資入門>外国株式
スポンサードリンク


外国株式


外国株式とは、外国株投資信託と違い、投資家個人が個別に自分の好きな企業に投資する外貨投資です。外国株投資信託に比べて、手数料はずいぶん安くなります。

ただし、個人で投資できる外国株には限りがあるので、もしも投資している会社の業績が下がれば、大きな損失につながる可能性があります。同じように、もしも投資している会社の業績が上がれば、大きな利益につながる可能性もあります。

もしも日本株を購入するとき、投資信託に任せているなら、同じように外貨投資でも外国株投資信託に任せればいいと思います。一方、日本の株を投資信託に任せず、自分で購入しているという訪問者の方は、外国株も自分で調べて購入するほうが手数料が安いのでおすすめです。

外国株を個人投資家が購入する場合、中国株や米国株、中国香港株、台湾株、韓国株などの購入仲介業をしている証券会社で購入することができます。

中国株や米国株、中国香港株、台湾株、韓国株など購入仲介業をしている証券会社には、
イートレード証券
楽天証券
ネクシィーズ・トレード
内藤証券
エイチ・エス証券
丸三証券
コスモ証券
リテラ・クレア証券
などがあります。

中国株は、過去20年平均して、経済成長率が9.9%という驚愕の成長率を誇っています。そのため中国の株価も年間50パーセント程度あがるというのが普通でした。今後も同じように経済成長していく場合はおすすめですが、少しでも経済成長率が下がれば、全世界の投資家から期待されていた中国株だけに大きく下落することもあるハイリスク・ハイリターンの投資といえます。


スポンサードリンク